研究開発向け実験装置、生産設備の設計、製作なら株式会社広島

052-629-0020

先輩の声


メカトロニクス事業部
【2015年度入社/新卒】 K.Hさん

image

産業用ロボット制御設備・搬送ラインの施工

技術営業を行っている上司に同行させて頂き、営業や打ち合わせのノウハウを学びながら作業員として設備の立ち上げ・改造も行っています。現在はレーザーで対象物を加工する海外向けの設備をメインで携わっており、毎日充実しています。

自身が携わった設備にお客様の「驚きの声」

自動車部品メーカーD社様の設備を担当した際、最初、配線も乱雑になっておりとても綺麗といえる状態ではありませんでした。時間を掛けて改造し終えた設備を見たお客様が「凄い綺麗になってる︕」と驚きの声を上げていたことが一番嬉しかったエピソードです。熟練の技術を持った上司や職人さんが居るなかで、なかなか自分の仕事に自信を持てないことが多いのですが、こういったお客様の喜び・驚きの声を聞ける事が、自信へと繋がり、毎日を高いモチベーションで過ごすことができています。

新しいことへの挑戦と自身の新しい方向性を築くため。

image

就活の際は住宅や不動産の営業職を中心に見ていましたが「本当にこの業界で仕事をしていきたいのか︖」と自問自答する日々。就職することで人生の大半の時間を仕事に費やすことになりますが、やりがいが無ければ非常につまらない人生になってしまいます。そこで今まで経験したことのない技術系の会社で新しいスタートに踏み切ろうと考え、広島を見つけました。この会社の素晴らしいところは個々の個性など様々な側面から見てくださり、目指す方向性を見つけ出す手伝いをして頂けること。自分が将来目指したい方向を全力で応援してくれる体勢は他にはなく、いつも安心して仕事に取り組めています。私は文系で業務内容が十分理解できないままの入社となりましたが、既に目指す方向性は決まっており、充実した日々となっています。


プロジェクト統括部広報営業課
【2016年度入社/新卒】M.Yさん

image

広報の魅力「会社を紹介するということ」

広島に入社して研修を行っている中で広報としての仕事をすることになり、プロジェクトの書類作成や展示会の装飾・HPのリニューアルなど幅広く活動させていただいています。広報の主な仕事は会社のPRを行うことです。どのようなことが会社のイメージを向上させ、お客様の信頼を得ることができるのか、何をすれば結果につながるのかという正解がないためとても難しいですが、大変やりがいを感じております。いまはまだ戸惑うことの方が多いですが、もっと多くの経験を積み、より会社を魅力的に表現できるようになりたいと思っています。

ものづくりにかかわり続けたい。

私は就職活動の際、ものづくりにとても興味があり、文系出身であるにも関わらずメーカーを中心に受けていました。しかし実際に入社して自分が何をするのか具体的な構想はなく、ただ漠然とものづくりにかかわることが出来ればと考えていました。現在私はものづくりに直接の関与はしておりませんが、技術者が設計・制作した装置をPRしてくことはものづくりの重要なファクターであると認識しております。文系出身であることを活かしながら今後も様々なかたちでものづくりにかかわっていきたいです。

製作者の思いを伝える楽しさ

image

それぞれの製品にはそれらを設計・制作した方々の思いが詰め込まれています。私はその製品をどのように紹介することができたら良さが伝わるかを模索しながら、様々な製品に込められた思いを汲み取ることが出来るような広報でありたいと思います。


装置開発事業部
【2016年度入社/新卒】A.Rさん

image

未来の技術にかかわる実験設備。

装置開発事業部では、新技術に必要な実験設備の開発を行っています。その中でも自分は、設備の動作にかかわるプログラム作成に取り組んでいます。なかなか思い通りに動かすことが出来ず苦労することも多いですが、その分、うまく行った時の達成感があります。

責任感の重要性。

現在機器選定、電気図面作成、プログラム作成を行っているので、毎日覚えることが多くあります。また、ガス検知制御盤の製作では、人命にかかわる有毒ガスも使用するため、ミスが許されません。そのため責任感を持って日々仕事に取り組んでいます。

少数精鋭ならではの魅力。

image

広島は社員人数グループ会社含め約50名と社員が少ないですが、一人一人が個性を生かし高い専門性を持っています。そのため新入社員でも責任のある仕事を任せてもらうことができ、新しいことを学べます。また、技術のある人に教えてもらうことができるため、自分の技術のスキルアップをすることが出来ます。


FAシステム事業部
【2015年度入社/新卒】 S.Nさん

image

電気図面の作成と現場での作業。

電気図面の作成と合わせ、現場での配線作業を行っています。ただ、パソコンの画面上で電気配線に触れるのではなく、実際に配線作業をおこなうことが出来る為、図面だけでは十分に理解できていなかったことが現場の作業を通して理解することができます。また、現場で経験したことを図面に反映させるなど、現場の仕事とデスクワークを合わせて行う事が出来ます。現在は図面の修正作業を中心に行っていますが、部署の先輩方のように新規の設備を設計し施工を行い、完成までを一貫して行える様になる事を目標に成長していきたいと思っています。学ぶことが沢山有る為、毎日仕事から良い刺激を受けています。

構想からお客様の手に渡るまで携われる

設備の構想から製品としてお客様の手に渡るまで一貫して携わることが出来る会社で仕事をしたかったので、広島に入社したいと思いました。

自分が配線作業を行った設備が実際に動いたとき。

image

使用する機器の選定、原価出し、見積の作成、制御盤の設計、配線作業、プログラミング、動作確認まで“ものづくり”の一連の流れを基礎研修時の最終課題で経験させて頂きました。この最終課題からものづくりの難しさを改めて認識しましたが、自分で機器を選び、設計やプログラミングを行った制御盤でモーターとランプが動作したときは非常に達成感と充実感を感じました。現在、研修が終わり、部署に配属され業務を行っていますが、自分が仕事で携わった設備が動作したときの喜びは非常に大きく、仕事に対するモチベーションもますます上がっています。

ページトップ